2016.06.30更新

 こんにちは。

 弁護士の角井です。

 

 月末になるとさまざまなレポートが届きます。

 ホームページのアクセス数はどうだったとか,検索ワードはこんなだったとか,順位変動が安定してるか不安定なのかとか。

 検索ワードを見ていると不思議なことが起こります。

 当事務所のホームページにたどり着いた人は,法律用語の検索をしているわけではなく,やれ「株主総会」だの「職印」だの「タビハナ」だのという人が多いということです。

 

 

 なんででしょうねぇ。

 

 

 あぁ。

 

 

 ブログの記事のせいか。

 

 

 じゃあ,もっとやってやるか。

 

 

 若山牧水は,本名を若山繁と言い,明治18年8月24日,宮崎県東臼杵郡東郷村坪谷に生まれた。旅と酒と自然を愛した人であった。

 牧水は,大正4年3月,妻の療養のために,横須賀市北下浦長沢に転居した。自然豊かで温暖な土地だったせいもあってか,のんびりとした生活を送っていたらしく,浦賀に出かけたり,子どもと釣りに出かけたり,時には松輪の方まで足を延ばすこともあったらしい。

 牧水は,横須賀での生活で作った歌を第八歌集『砂丘』にまとめている。その中の一つは,歌碑となり,北下浦行政センターに残されている。当の歌は,こんな歌である。

 

「海越えて 鋸山はかすめども 此処の長浜浪立ちやまず」

 

 長沢海岸では,白昼,砂浜に寝転んで物思いにふけっていることもあったらしい。同じ歌集にはこんな歌も収められている。

 

「昼の浜 思ひほほけしまろび寝に づんと響きて白浪あがる」

 

 横須賀での生活は平穏なものであったが,牧水自体は後に「物陰に隠れて労れを休めてゐるといふ様な,か弱い感傷から詠まれた」歌が多く,「いはゞ「夏の疲労」とも謂ふべき歌集であつた」と記している。

 そうは言っても,牧水ならではの美しい調べは失われておらず,声に出して読むとなんとも心地よい歌ばかりである。

 

 先程紹介した歌碑の場所には,若山牧水資料館があり,牧水直筆の書や手紙,関連書籍を見ることができる。

 これまで牧水に興味のなかった人も,是非一度訪れて見られたい。

 

 

 さて,横須賀とも絡めたので,まったく関連性がないわけではないでしょう。

 参考文献:見尾久美恵「若山牧水 コレクション日本歌人選038」笠間書院,2011年

投稿者: アダジオ法律事務所

2016.06.28更新

 こんにちは。

 弁護士の角井です。

 

 随分ご無沙汰していましたので,このホームページってまだ生きてるの?と思った方も大勢いらっしゃると思います。

 かくいう私もその中の一人で,自分の事務所にホームページがあることをすっかり忘れていました。

 

 

いやぁ,冗談ならいいんですけど,これが結構本気なので笑えませんね。

 

 

 まぁ,このページを見に来てくださっている方々も,きっと私の知り合いばかりでしょうから,そこは大目に見てください。

 

 さて,弁護士の仕事というものは,業務時間内だけに留まりません。

 そもそも,法律事務所の業務時間とは,裁判所の窓口が開いている時間に合わせて設定されていることが多く,そのため,伝統的な事務所では,午前9時から午後5時を業務時間としているところが多いのです。

 私自身も午後5時くらいまでは事務所にいるようにしていますが,午後5時以降は,7時まで開いている郵便局の窓口に行ったり,9時でお休みになってしまう被疑者・被告人の皆さんに会いに行ったり,弁護士会の勉強会に参加したりして過ごしています。

 

 最近では,隔週火曜日にローターアクトクラブの例会がありましたし,毎週木曜日には母校の法科大学院まで答案の書き方を教えに行っていますので,事務所にいない時間の方がはるかに多いですね。

 電話がつながらないという苦情は重々承知しておりますが,是非とも留守番電話をご活用くださいますようお願いいたします。

 留守番電話にメッセージが入っていない場合,見慣れた電話番号以外はわざわざ発信元を確認する必要があるので,手続処理にお時間がかかります。

 また,依頼者の皆様にはメールアドレス入りの名刺をお配りしていますので,そちらにご連絡ください。

 

 先週末から今週にかけては,大きなイベントが立て続けに入っていましたが,大きなヤマを越えましたのでこれからは少し時間の余裕があります。

 連日アルコールのシャワーを浴びているような状態でしたが,胃の状態もようやく落ち着いてきました。

 

 私が好きな歌人の中に,若山牧水という人がいます。

 この人は,人生を旅と酒に捧げたような人で,その生き方自体にも大変共感していますが,何より素晴らしいのは歌の調べです。

 今日はそんな牧水の歌の中から,一首をご紹介してお別れしましょう。

 「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり」

 

投稿者: アダジオ法律事務所

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

アダジオ法律事務所 お問い合わせ
いつあき 弁護士ブログ 実際の解決事例
Q&A お客様の声