2016.02.29更新

 こんにちは。

 弁護士の角井です。

 

 まずは,今週末から始まる臨時休業についてお詫び申し上げます。

 国内にいれば,いざというときに事務所に取って返すこともできるのですが,如何せん海を渡った土地にいますので,そういうわけにもまいりません。

 とりあえずスマホは持っていきますが,ネット環境がどうなっているかもよくわからないので,そもそも連絡が取れるかどうかも分かりません。

 というか,今回の出張のためにあわててパスポートをとった初心者旅行者ですので,生きて帰ってこられるかもわかりません。

 とりあえず,夜の街は一人で出歩かないようにします。

 

 さて,本日は,閏日ですね。4年に一度の祭典であるオリンピックと同じ年にやってくるので覚えやすいですね。

 ちなみに,1992年アルベールビルオリンピックまでは,夏季オリンピックと冬季オリンピックが同じ年に開催されていたという事実について,若い世代の人は知らない人も多いと思います。

 私もリレハンメルでの原田の失敗ジャンプについて,記憶が定かではありません。(長野オリンピックはゲームソフトを買ってやるほど熱中しました。)

 

 話がずれてしまうのは私の悪い癖です。話を戻します。

 閏日は太陽の自転周期と公転周期が微妙にずれることによって発生します。その誤差は,概ね4年で1日であるため,4年に一度閏日が挿入されるのです。

 2月29日生まれの人にとっては,4年に一度のお誕生日ですね。おめでとうございます。

 閏日生まれの人に対して,「今年で何歳になったんですか?笑」と聞くのは非常に失礼なのでやめましょう。

 あなたは面白いかもしれませんが,それを言うのはあなたで100万人目です。

 

 あなた「湘南国際村って,どこに湘南要素があるんですか?」

 横須賀市民「あなたは面白いかもしれませんが,それを言うのはあなたで100万人目です。」

 あなた「横須賀海軍カレーって,どのあたりが海軍っぽいんですか?」

 横須賀市民「あなたは面白いかもしれませんが,それを言うのはあなたで100万人目です。」

 あなた「横須賀中央に行こうとしたら横須賀駅で降りちゃって大変でしたよ。」

 横須賀市民「あなたは面白いかもしれませんが,それを言うのはあなたは100万人目です。」

 

 絶望した!100万回言う世間に絶望した!

 (ネタ出展:久米田康治『さよなら絶望先生』第54話「百万回言われた猫」。なお,作者の久米田先生は横須賀ご出身です。)

 

 いやぁ,満足しました。お疲れ様でした。

 これだけで終わるとさすがに怒られてしまうので,閏日生まれの人のある疑問について簡単にご説明しておきましょう。

 

 2月29日生まれの人は,一体どのタイミングで年齢が増えるのでしょうか。

 気管の計算について,民法では次のように定めています。

 まず,期間が時間によって定められた場合には,即時より計算を開始して,その時間の経過によって,期間は終了することになります(民法139条)。例えば,午前10時に「今からレンタカーを8時間借りる」という決めた場合は,午後6時に期間満了となります。

 次に,期間が日の単位で定められた場合には,原則として翌日から計算を開始して(民法140条本文),最終日の終了で期間が満了します(民法141条)。これを「初日不算入の原則」といいます。例えば,本日2月29日に「今日から5日間」という契約を結んだ場合,3月1日が1日目,2月2日が2日目で,2月5日の終了をもって,契約期間が満了します。これは,期間が週,月または年の単位で定められたときも同様です。

 

 ただし,これには例外があります。年齢に関しては,「年齢計算ニ関スル法律」という法律があり,年齢は出生の日から計算することとされています(同法1項)。そして,その期間は起算日応当日の前日に満了します(同法2項)。

 そうすると,2月29日生まれの人は,2月28日の終了と同時に年齢が一つ増えます。そして,閏年以外の場合は,2月28日が終了した瞬間に3月1日になるわけですから,3月1日の時点では,すでに年齢が一つ増えていることになります。

 「年齢計算ニ関スル法律」のおかげで,2月29日がない年でも規定通りに年齢を重ねることができるというわけです。

 

 ちなみに,この「年齢計算ニ関スル法律」が制定されたのは明治35年のことです。刑法が制定されたのが明治41年のことですから,それより前からある法律ということになります。いまでは,カタカナ表記された法律もかなり少なくなりましたが,この法律はいまだにカタカナで表記されています。歴史のロマンを感じますね。

投稿者: アダジオ法律事務所

2016.02.18更新

 こんにちは。

 弁護士の角井です。

 久しぶりにヒートテックを着て執務している今日この頃,いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 さて,当事務所には,現在,看過できない問題があります。

 それは,

 

 相談のお問い合わせが全く来ない

 

 ということです。

 

 「またまたぁ,誇張しちゃって♪」という感想を抱かれる方もいらっしゃるかと思いますが,

 

 これ以上作りようのない真顔で

 

 お話ししています。

 

 

 どうしましょうか。さて,どうしましょうか。

 そうだ。受任はしなかったけど最近した法律相談の内容を話して当事務所に興味を持ってもらおう!

 

 

1.離婚相談

 

 やはり離婚のご相談は多いですね。女性からが多いと思われがちですが,男性からご相談いただくこともかなりあります。

 いわゆる不倫のことを法律的には「不貞行為」と呼びますが,これは男性でも女性でもやってしまう人はいます。

 「性格の不一致」を理由にして離婚をしたいというご相談がありますが,これは圧倒的に女性側からの方が多い感想を持っています。

 すなわち,男性は,結婚することで安心してしまい,ついつい付き合っていた時とは違った態度―実家でくつろいでいるような態度―をとってしまいがちです。

 自分の母親であれば,無償の愛で応えてくれたかもしれませんが,妻は母ではないのである程度の節度は必要だということでしょう。

 離婚調停は,ご自身で行う方も多く,家庭裁判所に出かけると,待合室で一人で待っていらっしゃる方を多く見かけます。

 もちろん,調停は一人でもできますが,相手方との日程調整などいろいろと心労がたまることも多いと思います。

 相談だけでも結構ですので,一度専門家の話を聞きに行ってみるとよいと思います。

 

 

2.相続問題

 

 相続のご相談も大変多いです。そして,まだ被相続人がご存命中に相談に来る方もいらっしゃいます。

 昨今の遺言ブームのおかけで,遺言を残そうという方もいらっしゃいますが,安易な考えで遺言を残すことはお勧めしません。

 まず,土地や建物がある場合,遺言によって登記手続をすることができますが,その際の文言は厳格に定められています。

 「~を残す」とか「~を渡す」といった表現では登記できませんので,遺言の内容については,あらかじめ専門家に相談してください。

 また,相続人には「遺留分」という権利がありますので,「誰々にすべて相続させる」という内容の遺言を残すと,早晩紛争になります。

 そのとき,残された財産が土地建物だけだったりすると,相続人の間でその土地建物を分割しなければならなくなりますが,建物に実際に住んでいる人からすればたまったものではありません。

 相続に関する本をお読みになることは良いことですし,自らの勉強のためであれば大変喜ばしいこととは思いますが,「生兵法は怪我のもと」にならないように,事前に専門家に相談した方がよいでしょう。

 

 

3.隣地問題

 

 お隣さんやご近所さんとのトラブルは,市役所での法律相談でよくお聞きする相談です。

 土地の境界標が数センチずれているといったものから,隣家の庭に生えている木がベランダにまで伸びているというもの,「変なにおいがする」と言われて扇風機を自宅に向けられたといったものまでありました。

 このような問題は,もちろん法律問題となりますが,裁判までやるのは気が引けるといった種類の相談だと思われます。

 そしてまた,こんなことで相談に行っていいのかがわからないという内容の相談でもあります。

 そんなときこそ,無料法律相談をやっている事務所に相談に行った方が良いのではないでしょうか。例えば「アダジオ法律事務所」のような・・・。

 

 

4.借地紛争

 

 日本は,国際的に見ても借地が多い国だといわれています。それは,国土の狭さから自分の土地を購入することが困難であり,地主から土地を借りて家を建てていたという歴史に由来します。

 むろん,ここ三浦半島でも数多くの借地があると思われますが,ご近所さんや知り合いだったりしてちゃんとした契約書を交わしていない場合も多々見られます。

 それでもご安心ください。借りている土地の場所がわかっていて,その上に登記された自分の建物があり,毎年決まった地代を支払っていれば,借地権を主張することは容易です。

 借地に関する紛争が起こるのは,いわゆる代替わりが起こったときであり,地主さんも借地人さんも事情を把握していない場合があります。

 そのとき,当人同士で話し合っていてもらちが明かないことが多く,それは,間に旧知の不動産屋さんが入ってくれていても同じことでしょう。

 実は,借地問題は,すぐれて法律的に解決することができるのであり,当人同士で決着がつかないときは,裁判所に判断してもらった方が簡便です。

 話だけでもよいので,専門家に相談しに行くことをお勧めします。

 

 

 まだまだ話足りない部分はありますが,あんまり話すと次に話すことがなくなってしまうのでこの辺で。

 当事務所は,いまなら新規のお客様大歓迎でございます。

投稿者: アダジオ法律事務所

2016.02.12更新

 平素は,当事務所をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

 誠に恐縮ですが,当事務所は,平成28年3月4日(金)~3月9日(水)まで臨時休業いたします。

 休業期間中は,お電話やメールでのお問い合わせにお答えすることができなくなりますので,何卒ご承知置き下さい。

 みなさまには大変ご迷惑をおかけいたしますが,ご理解の程,宜しくお願い申し上げます。

投稿者: アダジオ法律事務所

2016.02.01更新

 日頃お世話になっております。

 弁護士の角井でございます。

 

 地元横須賀で開業してはや1年。

 当事務所は,本日で1周年を迎えることとなりました。

 これも皆様のおかげでございます。まことにありがとうございます。

 

 今日も大変に冷え込む1日ですが,1年前も確かに寒い日だったなぁと思い出します。

 そして,開業の準備が間に合わず,せっせと家具を組み立てていたことも思い出します。

 

 この1年間では,多くの案件を担当させていただきました。

 しかも,どの案件に偏ることもなく,多くの分野について万遍なく担当いたしました。

 ここ横須賀ではスペシャリストではなくジェネラリストが求められるという現実を身を持って体感いたしました。

 

 その一方で,昨今では,ある特定の分野を専門としている弁護士の需要が高まっている事実も間に当たりにしました。

 特に,「離婚専門」や「交通事故専門」といったご要望については,よく目にします。

 世の中にそのような弁護士がいることは否定しませんし,喜ばしいことだと思っています。

 

 しかし,私自身は嘘をつきたくないので,正直に申し上げます。

 私は,「離婚専門弁護士」ではありませんし,「交通事故専門弁護士」でもありません。

 新聞に載るような大きな事件を担当しているわけでもありませんし,目覚ましい成果を上げているわけでもありません。

 私はただ,自らの法律の知識によって解決できる問題があるのであれば,そのお力になりたいと思っているしがない弁護士です。

 

 開業2年目もこの精神を忘れることなく,地道に事件に取り組んでいきます。

 当事務所の趣旨にご賛同いただけましたら,ぜひお気軽にご相談にいらしてください。

 今後ともアダジオ法律事務所をよろしくお願い申し上げます。 

投稿者: アダジオ法律事務所

アダジオ法律事務所 お問い合わせ
いつあき 弁護士ブログ 実際の解決事例
Q&A お客様の声