2015.10.30更新

 こんにちは。

 弁護士の角井です。

 なぜか毎日暑いですね。きっと温室効果ガスを削減していないせいでしょう。

 

 

 現在,国選の刑事事件を担当しています。

 「国選事件」というのは,世間的にも知名度があるようで,「今週は国選事件の担当週なんだよね。」と言っても大体通じます。

 「HERO」にせよ「リーガルハイ」にせよ,国選事件を取り上げているわけ作品は多いわけではないのに,なぜこんなに有名なのか。私にはよくわかりません。

 

 ただ,国選事件をやっていると,世間の皆さんが国選事件をどう思っているのかはわかります。

 それは,「国選事件なのに熱心ですね。」「国選事件なのに大変ですね。」「先生も国選事件だとお思いでしょうけど。」というセリフからもわかります(すべて,実際に言われたセリフ)

 なぜ国選事件の評価がこんなにも低いのか。それはよくわかりません。

 

 昨年は,多くの私選事件を担当したのですが,その中でも気になるセリフは多々ありました。

 「国選の先生じゃ不安で。」「やっぱり国選だとやる気も出ないんですよね。」「私選の先生ですか!これでもう安心だ。」

 弁護士のことを金額に応じて仕事量を変える生き物だと思っていらっしゃるようですね。

 

 ご安心ください。世の中の弁護士は,国選でも私選でも仕事量に差をつけるようなことはしません。

 私選にできて国選にできない手続も特にありません。

 ましてや,私選の方が処分が軽くなるなんてことはまずありません。

 

 ならば,私選制度は何のためにあるのか。

 答えは一つ。「自分が気に入った弁護士に依頼することができる。」ということです。

 

 国選制度は,プロ野球におけるドラフト制度のようなものだと思うのです。

 野球はしたいのに自分が入る球団は決められない。弁護は必要なのに自分を担当する弁護士は決められない。

 じゃあ,自分で決めるにはどうすればいいか。私選弁護を頼めばいいわけです。(昔でいうところの逆指名制度みたいなものです。たぶん。)

 

 前にもどこかでお話ししたような気がするようなしないような感じですが,弁護士選びの最大のポイントは自分と性格が合うかどうかです。

 ガツガツ責め立てる先生は,交渉を有利に進めることができるかもしれませんが,柔軟性に乏しいかもしれません。

 穏やかな先生は,相手方をやり込めることはできないかもしれませんが,話をじっくりと聞いてくれるかもしれません。

 

 自分の担当弁護士を自分で決めるための対価が私選弁護の報酬だと私は思っています。

 それが高いと思うか安いと思うかは,みなさまのご判断にお任せします。

投稿者: アダジオ法律事務所

2015.10.22更新

 こんにちは。

 弁護士の角井です。

 最近,冒頭のあいさつもあっさりしてきたものです。

 まぁ私は「こってり」より「あっさり」の方が好きなので,自分には合ってると思います。

 (私はあの「こってり」がしゃぶしゃぶのごまだれにしか見えません。)

 

 さて,本日のテーマは,「専門分野とは何か」です。

 話は変わりますが,先週金曜日に以前お知らせしていた市民法律講座が行われました。

 参加してくださったみなさま,どうもありがとうございました。

 急ごしらえのレジュメと急ごしらえの話だったにも関わらず,最後までご清聴頂き,ただただ恐縮しております。

 

 その席の最後,帰ろうかとしているときに,参加者の方にいろいろと質問をいただきました。

 その際,「先生のご専門は何ですか?」と聞かれました。

 来ました。私が最も答えづらい問題!(いや,他にも年齢やら経験やら聞かれたくないものはあります。)

 思えば,一般の皆さんとお話をしているとき,必ずと言っていいほど聞かれるのが専門分野です。

 しかし,今一度考えてみましょう。「果たして弁護士に専門分野はあるのか?」ということを。

 

 

 ここで,一つヒントとなるのが,医療の世界との対比です。

 医師の先生方は多くの専門分野に分かれています。そして,私たちはそれに応じて受診する科を決めます。

 おなかが痛くなったら消化器科,関節が痛くなったら整形外科,頭が痛くなったらいきなり脳外科には行かず内科。

 そして,各診療科の中でも数多くの専門領域に分かれています。

 そうすると,きっと皆さんは思うはずです。「弁護士にも専門領域があるはずだ。」と。

 

 ここで衝撃的なお知らせをします。

 弁護士の業務広告において「専門分野」という表示をすることは控えるべきこととされています。

 

 

◆弁護士及び弁護士法人並びに外国特別会員の業務広告に関する指針

第3 規程第3条の規定により規制される広告

 12 専門分野と得意分野の表示

  ⑴ 専門分野は,弁護士情報として国民が強くその情報提供を望んでいる事項である。一般に専門分野といえるためには,特定の分野を中心的に取り扱い,経験が豊富でかつ処理能力が優れていることが必要と解されるが,現状では,何を基準として専門分野と認めるのかその判定は困難である。専門性判断の客観性が何ら担保されないまま,その判断を個々の弁護士及び外国特別会員に委ねるとすれば,経験及び能力を有しないまま専門家を自称するというような弊害も生じるおそれがある。客観性が担保されないまま専門家,専門分野等の表示を許すことは,誤導のおそれがあり,国民の利益を害し,ひいては弁護士等に対する国民の信頼を損なうおそれがあるものであり,表示を控えるのが望ましい。専門家であることを意味するスペシャリスト,プロ,エキスパート等といった用語の使用についても,同様とする。

 

 

 さてさて,これで二度と聞かれることはありませんね。めでたしめでたし。

 

 

 

 そうはいかないでしょうね。なぜなら,「規程で専門分野の表示自粛を求めていること」と「弁護士が専門分野を持つべきかどうか」という話は全く別の話だからです。

 続いて,専門分野に関する私自身の意見を披露します。

 

 弁護士の世界において,確かに「専門的分野」というものは存在します。

 例えば,知的財産権,医療過誤,渉外などは,通常の弁護士が対応できる問題ではありません。

 それは,内容自体が非常に高度で複雑であることと,日常業務においてそのような事案を経験する機会がほとんどないためです。

 このような分野については,上に挙げた分野を専門分野としている弁護士に依頼する必要があります。

 しかし,裏を返せば,そのような専門的分野以外の案件については,弁護士でありさえすれば対応できるということになります。

 

 もう一つ考えなければならないのは,弁護士自体の数と依頼事件の多様性です。

 例えば,平成27年7月31日現在の弁護士の数は,全国で36,390人です。このうち,約半数が東京に在籍していると言われています。

 専門分野のみを行う弁護士のことをスペシャリストというならば,その対応できる範囲は非常に狭いということになります。

 クロイツフェルト・ヤコブ病の専門医が(たぶん)単純な風邪の診断ができないように,知的財産法のスペシャリスト弁護士は,(きっと)ご近所トラブルを処理できないはずです。

 このようなスペシャリスト弁護士が仕事をしていくためには,各分野に特化した弁護士が多数存在している状況が必要になります。

 そして,そんなことができるのは,今のところ東京だけです。

 

 私が仕事をしている横須賀市は,弁護士の数が多いとは言えない地域です。

 日頃相談をしている内容は,日々の生活の中から生まれてくるような身近な問題です。

 それは様々な分野に及んでいますので,幅広い知識が必要になります。

 そのため,私はスペシャリスト弁護士ではなく,ジェネラリスト(万能)弁護士を目指したいと考えています。

 万能ねぎは,ラーメンに入れても鍋でもぬたでもみそ汁でも納豆の薬味でも何でもござれです。そんな感じです。

 

 そういうわけなので,私には専門分野はありません。逆を言うとできない分野もほとんどありません。

 弁護士に相談すべきかどうかわからなくても大丈夫です。「それは弁護士に相談する事案ではありません。」とお答えします。

 今後とも万能ねぎ弁護士・角井をよろしくお願いします。

投稿者: アダジオ法律事務所

2015.10.22更新

 こんにちは。

 弁護士の角井です。

 最近,冒頭のあいさつもあっさりしてきたものです。

 まぁ私は「こってり」より「あっさり」の方が好きなので,自分には合ってると思います。

 (私はあの「こってり」がしゃぶしゃぶのごまだれにしか見えません。)

 

 さて,本日のテーマは,「専門分野とは何か」です。

 話は変わりますが,先週金曜日に以前お知らせしていた市民法律講座が行われました。

 参加してくださったみなさま,どうもありがとうございました。

 急ごしらえのレジュメと急ごしらえの話だったにも関わらず,最後までご清聴頂き,ただただ恐縮しております。

 

 その席の最後,帰ろうかとしているときに,参加者の方にいろいろと質問をいただきました。

 その際,「先生のご専門は何ですか?」と聞かれました。

 来ました。私が最も答えづらい問題!(いや,他にも年齢やら経験やら聞かれたくないものはあります。)

 思えば,一般の皆さんとお話をしているとき,必ずと言っていいほど聞かれるのが専門分野です。

 しかし,今一度考えてみましょう。「果たして弁護士に専門分野はあるのか?」ということを。

 

 

 ここで,一つヒントとなるのが,医療の世界との対比です。

 医師の先生方は多くの専門分野に分かれています。そして,私たちはそれに応じて受診する科を決めます。

 おなかが痛くなったら消化器科,関節が痛くなったら整形外科,頭が痛くなったらいきなり脳外科には行かず内科。

 そして,各診療科の中でも数多くの専門領域に分かれています。

 そうすると,きっと皆さんは思うはずです。「弁護士にも専門領域があるはずだ。」と。

 

 ここで衝撃的なお知らせをします。

 弁護士の業務広告において「専門分野」という表示をすることは控えるべきこととされています。

 

 

◆弁護士及び弁護士法人並びに外国特別会員の業務広告に関する指針

第3 規程第3条の規定により規制される広告

 12 専門分野と得意分野の表示

  ⑴ 専門分野は,弁護士情報として国民が強くその情報提供を望んでいる事項である。一般に専門分野といえるためには,特定の分野を中心的に取り扱い,経験が豊富でかつ処理能力が優れていることが必要と解されるが,現状では,何を基準として専門分野と認めるのかその判定は困難である。専門性判断の客観性が何ら担保されないまま,その判断を個々の弁護士及び外国特別会員に委ねるとすれば,経験及び能力を有しないまま専門家を自称するというような弊害も生じるおそれがある。客観性が担保されないまま専門家,専門分野等の表示を許すことは,誤導のおそれがあり,国民の利益を害し,ひいては弁護士等に対する国民の信頼を損なうおそれがあるものであり,表示を控えるのが望ましい。専門家であることを意味するスペシャリスト,プロ,エキスパート等といった用語の使用についても,同様とする。

 

 

 さてさて,これで二度と聞かれることはありませんね。めでたしめでたし。

 

 

 

 そうはいかないでしょうね。なぜなら,「規程で専門分野の表示自粛を求めていること」と「弁護士が専門分野を持つべきかどうか」という話は全く別の話だからです。

 続いて,専門分野に関する私自身の意見を披露します。

 

 弁護士の世界において,確かに「専門的分野」というものは存在します。

 例えば,知的財産権,医療過誤,渉外などは,通常の弁護士が対応できる問題ではありません。

 それは,内容自体が非常に高度で複雑であることと,日常業務においてそのような事案を経験する機会がほとんどないためです。

 このような分野については,上に挙げた分野を専門分野としている弁護士に依頼する必要があります。

 しかし,裏を返せば,そのような専門的分野以外の案件については,弁護士でありさえすれば対応できるということになります。

 

 もう一つ考えなければならないのは,弁護士自体の数と依頼事件の多様性です。

 例えば,平成27年7月31日現在の弁護士の数は,全国で36,390人です。このうち,約半数が東京に在籍していると言われています。

 専門分野のみを行う弁護士のことをスペシャリストというならば,その対応できる範囲は非常に狭いということになります。

 クロイツフェルト・ヤコブ病の専門医が(たぶん)単純な風邪の診断ができないように,知的財産法のスペシャリスト弁護士は,(きっと)ご近所トラブルを処理できないはずです。

 このようなスペシャリスト弁護士が仕事をしていくためには,各分野に特化した弁護士が多数存在している状況が必要になります。

 そして,そんなことができるのは,今のところ東京だけです。

 

 私が仕事をしている横須賀市は,弁護士の数が多いとは言えない地域です。

 日頃相談をしている内容は,日々の生活の中から生まれてくるような身近な問題です。

 それは様々な分野に及んでいますので,幅広い知識が必要になります。

 そのため,私はスペシャリスト弁護士ではなく,ジェネラリスト(万能)弁護士を目指したいと考えています。

 万能ねぎは,ラーメンに入れても鍋でもぬたでもみそ汁でも納豆の薬味でも何でもござれです。そんな感じです。

 

 そういうわけなので,私には専門分野はありません。逆を言うとできない分野もほとんどありません。

 弁護士に相談すべきかどうかわからなくても大丈夫です。「それは弁護士に相談する事案ではありません。」とお答えします。

 今後とも万能ねぎ弁護士・角井をよろしくお願いします。

投稿者: アダジオ法律事務所

2015.10.13更新

 こんにちは。

 弁護士の角井でございます。

 いやぁ,読者の方の中には心配に思ってる方もいらっしゃったのではないでしょうか。

 角井は死んだんじゃないか,と。

 そう。すべては9月に遡るのです。

 その日は,当番弁護士の担当日でした。

 

 

Q1.当番弁護士って何ですか?

 

A1.当番弁護士とは,各単位弁護士会(横須賀でいえば横浜弁護士会)ごとに当番の弁護士を置いて,被疑者や家族・知人から弁護士会に接見依頼があれば,当番の弁護士が無料で接見に応じる制度です。

 

 

 朝,事務所に行くと早速弁護士会からの電話あり。内容を聞くと,被疑者のお父さんからの依頼らしい。お父さん。もう嫌な予感しかしない。

 「先生,少年事件です。新件送致なので在監場所を確認してから接見に行ってください。」

 普段,私選事件でもない限り,我々弁護士が初めて接見に行くのは,被疑者が勾留された後です。裁判所から帰ってくる時間を見計らってから行くので,大体午後5時以降になります。国選事件を多く担当している私にとって,初回接見とはそういうものという認識です。それなのに,新件送致とは!

 

 

Q2.新件送致ってなんですか?

 

A2.被疑者は逮捕されると48時間以内に検察庁に身柄を送られます。ニュースでは,「送検」という言葉でおなじみですね。検察庁では,検察官が被疑者の言い分を聞いて「弁解録取書」というものを作ります。この後,検察官は,被疑者を勾留すべきか,釈放すべきかの判断をすることになります。

 

 

 「そうか,そうか。新件であれば検察庁に行けばいいんだね。勾留されるかどうかは話を聞いてみないとわからないけど,勾留されれば国選弁護人に選任するように要望書を出しておこう。」とまぁ,この時の私は思っていたわけです。

 少年に会っていろいろなお話を聞きましたが,守秘義務があるので内容はお話しできません。勾留されるかどうかは微妙な案件でした。そこで,接見室まで案内してくれた検察事務官が衝撃の一言を言うのです。

 「先生,本件は家裁に直送予定です。」

 

 

Q3.家裁に直送ってなんですか?

 

A3.通常の刑事事件の場合,勾留しないのであれば釈放するしかありません。しかし,少年事件の場合は,全ての事件を家庭裁判所に送致しなければならないことから(少年法41条,42条),勾留しない場合には直接家庭裁判所に送致されることになります。これが「直送」です。

 

 

 複雑な話になってきました。「当番弁護士」の待機日に出動要請があり,事件は「少年事件」で「新件送致」であり,在監場所を確認したら「検察庁」で,「勾留」されると思っていたら「家裁に直送」されました。かなりイレギュラーな事態が私を襲おうとしていました。

 家裁の出した結論は,観護措置に付するというものでした。

 

 

Q4.観護措置ってなんですか?

 

A4.観護措置とは,家裁が調査,審判を行うために,少年の心情の安定を図りながら,少年の身体を保護してその安全を図る措置です。観護措置には,家裁調査官の監護に付する措置と少年鑑別所に送致する措置の2種類がありますが,通常は後者の措置が執られます。3年B組金八先生第5シリーズで兼末健次郎に対して行われたのもこの措置です。

 

 

 少年鑑別所というのは,各都道府県に一つしかありません。神奈川県では,港南中央にある横浜少年鑑別所だけです。遠い。それでも当番弁護士として接見した者として,継続して受任しようという強い決意を抱いたわけです。しかし,そんな強い決意は天変地異によって打ち砕かれてしまうのです。

 

 

 そう,金沢八景以南の京急線が大雨で動かなくなってしまったのですね。

 

 

 それでも何とかして鑑別所までたどり着こうとしましたが,やっぱり無理でした。

 力尽いた私は歩いて家まで帰りました。

 

 次に問題となったのは,少年事件の迅速性です。観護措置は,通常2週間なのですが,更新されると4週間まで延長になります。鑑別所では,心理テストやIQ測定を行う関係から,3週間程度の時間が必要と考えられており,更新されるのが原則となっています。観護措置が終わる前に少年審判を開く必要がありますので,少年事件では観護措置をとられた時期から審判日の予測が立つことになります。

 

 そうするとどうなるか。審判は,観護措置が取られてから概ね3週間後。その間に被害者との対応や学校との連絡や少年との面会をすべて終えなければなりません。少年事件はとても忙しいのです。

 しかも,あらかじめ少年事件の担当となっていれば,その後の予定を空けておくことができます。みなさん思い出してください。今回は当番弁護士からの受任です。

 

 

 つまり,予定が全く空いていない。

 

 

 ここまでお読みいただいた皆様にはもうお分かりだと思います。なぜ私がブログを更新できなかったのか。

 しかし,事件も終了し,3連休でMGSⅤを全クリし,ようやく帰ってまいりました。

 これからはブログを更新できるように頑張ります。

 

 

 この事件の結末をお話しすることはできませんが,忙しくも充実した日々だったと思います。

 願わくば,二度と事件を起こさないように生きていってほしいものです。

 人の痛みを知れば警察の厄介になるような事件は犯さないはずだと信じています。

 高校の先生から教えてもらった,ある高校生の歌は,いまでも私が生きる指針として胸の内に息づいています。

 今日は,その和歌でお別れしましょう。

 

 「人の持つ 痛み知るため 学問を 続けんと思う 受験生の夏」

投稿者: アダジオ法律事務所

アダジオ法律事務所 お問い合わせ
いつあき 弁護士ブログ 実際の解決事例
Q&A お客様の声