2015.08.27更新

 こんにちは。

 横須賀のアダジオ法律事務所の弁護士の角井です。

 

 

 「いやー,寝冷えしちゃったよ。」という日々も終わりを告げ,今日も当事務所は熱気にあふれております。

 熱気と言えば,最近は世界陸上をよく見ていますが,陸上競技は分かりやすくていいですね。

 足が速ければ勝つ,やりを遠くまで投げれば勝つ,高いバーを飛び越せば勝つ。

 「シンプル イズ ベスト」とはよく言ったものだとひとり感心しております。

 

 「シンプル」に考えるということは,日々の業務にも通じるものがあります。

 単純明快な議論は,すべての人の心を打ちます。

 すなわち,優れた議論というものは,小難しいものなのではなく,聴いた人がすっと理解できるものだと思っています。

 

 

 この度,母校の法科大学院からオファーを受けまして,近日開催される入試説明会でお話をすることになりました。

 内容としては,法科大学院での生活,司法試験,弁護士業務の内情などが指定されています。

 

 法科大学院の生活と言っても,私が学生をしていたのはかれこれ4年ほど前のことですので,現状とは変わってしまった部分も多いかと思います。そこは,優秀な在校生に語ってもらうことにしましょう。

 

 司法試験と言っても,私が受験したのはかれこれ3年ほど前のことですので,現状とは変わってしまった部分も多いかと思います。そこは,優秀な受験生に語ってもらうことにしましょう。

 

 そうすると,私が語るべきなのは弁護士業務の内情ということになりますが,いったい何を語ればよいのか,考えあぐねているところです。

 

 私の話を聞きに来るのは,法科大学院の受験を検討している人ということですから,大学生が最も若い世代になると思われます。

 私が法科大学院を受験したころは,まだ合格率7~8割とか言われていた時代でしたから,説明会の雰囲気も明るかったと記憶しています。

 時は流れ,現在では,合格率の低い法科大学院が強制的に閉校させられる時代になってしまい,受験生にとっても気が気でないのではないでしょうか。

 運よく合格できたとしても,ニュースを見れば弁護士の就職難ばかり。これから受験する人はよほどの自信家かよほどの楽観論者でなければ心が持ちませんね。

 そんな不安を抱えている受験生に希望のある話をするのが私の役目のように感じています。

 

 まず,司法試験の合格者数が減っていると言いますが,旧司法試験よりは受かっています。

 合格率が25%程度だと仮定すると,全体を4つに分けてその一番上の層に位置すればいいわけです。

 一番下の層は,短答式試験で足切りに遭いますので,残った階層は3つです。

 その階層を,「良い答案」「普通の答案」「ダメな答案」に分けるとすれば,「良い答案」を書けば合格する計算です。

 「超優秀な答案」を書けと言われればそんな自信はないですが,「良い答案」くらいなら書けそうな気がしてきませんか。

 これで合格間違いなしやな!(気持ちや!)

 

 次に,弁護士の就職難といいますが,なんだかんだで大多数の修習生は就職できています。

 前に比べれば内定が決まる時期が遅くなっているというだけであり,ほとんどの事務所で業務過多の状態が続いています。

 金銭面での待遇はあまりいいとは言えませんが,お金持ちになるために弁護士になるわけではないでしょうから,そんなに大きな問題ではありません。

 私自身,就活の状況は最悪と言ってもいい状態でしたが,今ではこうしてブログを書ける身にもなりました。

 人生なんとかなります。(心配すんな!)

 

 最後に,弁護士の仕事はとてもいい仕事です。

 一日とて同じ一日がやってくることはありません。毎日新鮮な驚きに満ち溢れています。

 所長弁護士や先輩弁護士はいますが,上司ではありませんので,指示に従う必要はありません。

 自分の信じるところに従い,自分で責任をとれる仕事です。

 事件の種類はあくまで多く,業務の幅はあくまで広く,法廷で尋問をすることもあれば,刑事被疑者に接見に行くこともあり,高校で出前授業をしたり,弁護士会の委員会で発言したり,裁判所からの委嘱で破産管財人をしたり成年後見人になったり,現地調査のために出張したり,執行の立会いをすることもあります。

 辛いことがあっても,専門的職能であるという自負がそれを乗り越えさせてくれます。

 自らの頭脳と肉体が機能する限り,死ぬまでできる仕事です。

 

 日々の業務で心がけていることがあるとすれば,何事もシンプルに考え,シンプルに説明するということです。そして,この考えは,法科大学院の授業で学んだことです。

 予備試験に合格して法科大学院をショートカットしようとする学生がいることは残念でなりません。

 ぜひ法科大学院で充実した日々を過ごされることを祈っています。

 

 

 あぁ,普通に原稿を書いてしまった。まぁ,たぶん当日の出席者には気付かれないでしょう。

 今日のところはこれにて失礼をば。

投稿者: アダジオ法律事務所

2015.08.21更新

 こんにちは。

 横須賀のアダジオ法律事務所の弁護士の角井です。

 

 最初は,ある程度シリーズ化しようと思っていたんですよ。

 でも毎日バタバタしながら過ごしていたら,終わりのない出口に不安を覚え始めました。

 ただ,予告していたこの事件だけはちゃんと解説します。

 

 

2.慶應大学院生弁護士局部切断事件

 

 さて,この事件は,慶應義塾大学の法科大学院生が弁護士の局部を切断するというショッキングな事件であり,世間的にも大変注目されました。

 注目ポイントはいろいろあると思うんです。加害者が法曹の卵だった点とか,被害者と加害者妻との間の男女トラブルとか,加害者が某柔道選手に見えて仕方がないとか。

 ただ,私が注目するとすれば,局部を切断しておいてなぜ傷害罪なのか,殺人未遂罪ではないのか,という点が気になります。

 

 ナイフで人を斬りつけた場合,傷害罪とされる場合と殺人未遂罪になる場合があります。被害者が負った怪我が同じであっても,事案によって結論は異なります。では,その2つの事案を隔てるものは何かといえば,「殺意」があったかどうかです。

 「殺意」は,加害者の内心に存在するものですので,あったかどうかは本人に聞いてみないとわかりません。さらに,本人が本当のことを言うとも限りませんので,本人の言い分だけを信じるわけにもいきません。では,どうやって殺意を認定すればよいのか。この点に関しては,現場の裁判官などが事実認定の方法として様々に工夫してきた過去がありますが,着目すべき点はいくつかあります。

 

 ① 創傷の部位

 まずは,傷のある部分が人の身体においてどのような意味を持つかが重要です。殺人未遂ということは,与えた傷が死を招きかねないということですから,足の先や腕などではその危険性が低いということになります。一般的には,四肢を除いた身体の全部分が殺意を認定できる部分とされています。

 そうすると,今回は局部が切断されていますので,一見該当しそうにも思えます。しかし,性器は生命機能維持に必要な臓器ではありませんし,近くに大動脈が通っているわけでもありませんので,身体の中枢というには難しいのではないかと思います。

 

 ② 創傷の程度

 傷が深ければ深いほど,傷が多ければ多いほど殺意が強いと言えます。裁判例などを見ると,深さ10センチ以上の傷がある場合には,殺意を認定しているケースが多いようです。

 この点についても,今回は局部を切断していますが,その他の身体に傷があるわけではありませんので,創傷の程度が高いとは言えないと思います。

 

 ③ 凶器の種類

 刺殺の場合は,相手に致命傷を負わせられる凶器かどうかが重視されており,刃体や刃渡りの長さが10センチ以上である場合は,殺意が認められやすいと考えられています。

 そうすると,今回は枝切りばさみなので,この点からも殺意の存在は難しいのではないでしょうか。

 

 ④ 凶器の用法

 傷の深さとも関係しますが,その傷が凶器の大きさに対してどれくらいの割合だったかを知ることは有用です。例えば,刃渡り10センチの包丁で深さ10センチの傷ができていれば根元まで刺さっているということになりますから,非常に強い殺意があったということができます。

 今回は,枝切りばさみをチョキチョキさせたわけなので何とも言いようがありませんが,少なくとも刺突行為などには及んでいないので,強固な殺意を認定することは難しいと思われます。

 

 ⑤ その他

 殺意の認定においては,既に述べた4つの要素が重要だと考えられていますが,その他にも認定の要素となるものはあります。例えば,「殺してやる」と叫んでいれば,殺意の認定に働くでしょうし,何ら手当をしないでその場を離れていたら,被害者が死ぬことを受け入れていたと考えることができるでしょう。

 ただし,これらの要素は,全く違う考えも成り立つところですので,殺意の認定においてはあくまで補助的な要素にとどまると思います。なお,本件ではこのあたりの事情が分からないので,判断は避けます。

 

 さて,以上の検討から導き出された答えとしては,「いまある情報だけから判断すれば,加害者に殺意があったと認めることはできない。」といったところでしょう。実際,加害者は,自分の妻と被害者との男女関係を疑っていたと報道されていますから,被害者の性機能を奪うことが主たる目的であり,それ以上に死亡させる動機があったとはいえない事案だと思われます。

 

 私としては,将来の法曹を目指す人間がこのような事件を起こしたことに少なからず胸を痛めていますが,どの業界にも起こり得ることですので,努めて冷静に受け止めることにしています。ほら,中学校教諭が買春したり,警察官が交通違反したり,議員が政務活動費を不正に使ったりしますもんね。

 そんなときでも「罪を憎んで人を憎まず」の気持ちで,しっかりと弁護できる人間になりたいものです。

 

 最後はきれいな終わり方でしたね。たぶんシリーズは今回が最後ですが,気が向いたらまた同じような記事を書くかもしれません。

投稿者: アダジオ法律事務所

2015.08.17更新

 こんにちは。

 横須賀のアダジオ法律事務所の弁護士の角井です。

 みなさま,その後いかがお過ごしでしょうか。

 

 8月も半分過ぎてしまったなぁ,としみじみ感じていましたが,8月のブログ記事数を見てそんなうららかな考えが吹き飛びました。

 

 まだ1件しか更新してないじゃん。

 

 ひどい。あまりにもひどい。

 みなさまのおかげによりまして,長期夏季休業をいただいておりましたが,私はいったい何をしていたのか。

 罪滅ぼしとして,この間に起きた事件について解説しましょう。

 

 

1.小網代湾女性殺人死体遺棄事件

 

 7月29日,神奈川県三浦市三崎町小網代にある小網代湾で,ビニールシートのような ものに包まれた女性の遺体が浮かんでいるのが見つかった死体遺棄事件が発生しました。その後,8月6日,同事件について,アメリカ国籍の男性が,死体遺棄の容疑で逮捕されています。

 この事件については,いまだ詳しい情報がわかっていませんが,現段階で着目すべきなのは次の2点です。

 

 まず,発見された女性遺体が生きたまま海中に投げ入れられたとした場合,死体遺棄罪は成立しないのではないかという点です。この点については,本罪の客体である「死体」について,死亡した人の身体であると解されていることから,死体遺棄罪は成立しないと解すべきでしょう。

 なお,犯人が死体であると思って海中に投げ入れていた場合は,刑法上の錯誤論が問題となりますが,この点については様々な議論があります。私から簡単にコメントすると,先程の事例では,死体遺棄の故意をもって殺人の結果を発生させているのですが,人を殺すという認識がない人に対して,殺人罪の責任を負わせることはできないでしょう。この場合,傷害致死罪にとどまるのではないでしょうか。

 

 次に,死体遺棄罪が成立しない場合,逮捕の有効性はどうなるのかという点です。逮捕をするにあたっては,「罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」が必要とされています。よくわからない基準ですが,この後に「起訴」や「判決」が待っていることからしても,それらの基準よりは緩やかなものでいいと考えられています。そうすると,被害者が亡くなっていたかどうかはよく調べてみないとわからないので,逮捕する段階では「相当な理由」があったと判断されるでしょう。

 また,裁判になる際には,殺人罪で起訴できるのかという疑問があるかもしれませんが,それまでの捜査によって被害者が生存したまま海中に投げ入れられたことが判明した場合,殺人罪で起訴することは可能です。この場合,逮捕及び勾留の効果は,死体遺棄罪という被疑事実に限定されますので,改めて殺人罪で勾留がなされる可能性が高いと言えます。他には,死体遺棄罪については処分保留で釈放した上で,再度殺人罪で逮捕するということも考えられるでしょう。今後の報道に注目したいところです。

 

 

 ふぅ。たまに真面目なことを書くと疲れますね。まだ一つしか書いてないじゃないかという突っ込みはへこみますのでご遠慮ください。

 次回は,同業者が大変な目に遭ったあの事件を取り上げます。ご期待ください。

投稿者: アダジオ法律事務所

2015.08.17更新

 こんにちは。

 横須賀のアダジオ法律事務所の弁護士の角井です。

 みなさま,その後いかがお過ごしでしょうか。

 

 8月も半分過ぎてしまったなぁ,としみじみ感じていましたが,8月のブログ記事数を見てそんなうららかな考えが吹き飛びました。

 

 まだ1件しか更新してないじゃん。

 

 ひどい。あまりにもひどい。

 みなさまのおかげによりまして,長期夏季休業をいただいておりましたが,私はいったい何をしていたのか。

 罪滅ぼしとして,この間に起きた事件について解説しましょう。

 

 

1.小網代湾女性殺人死体遺棄事件

 

 7月29日,神奈川県三浦市三崎町小網代にある小網代湾で,ビニールシートのような ものに包まれた女性の遺体が浮かんでいるのが見つかった死体遺棄事件が発生しました。その後,8月6日,同事件について,アメリカ国籍の男性が,死体遺棄の容疑で逮捕されています。

 この事件については,いまだ詳しい情報がわかっていませんが,現段階で着目すべきなのは次の2点です。

 

 まず,発見された女性遺体が生きたまま海中に投げ入れられたとした場合,死体遺棄罪は成立しないのではないかという点です。この点については,本罪の客体である「死体」について,死亡した人の身体であると解されていることから,死体遺棄罪は成立しないと解すべきでしょう。

 なお,犯人が死体であると思って海中に投げ入れていた場合は,刑法上の錯誤論が問題となりますが,この点については様々な議論があります。私から簡単にコメントすると,先程の事例では,死体遺棄の故意をもって殺人の結果を発生させているのですが,人を殺すという認識がない人に対して,殺人罪の責任を負わせることはできないでしょう。この場合,傷害致死罪にとどまるのではないでしょうか。

 

 次に,死体遺棄罪が成立しない場合,逮捕の有効性はどうなるのかという点です。逮捕をするにあたっては,「罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」が必要とされています。よくわからない基準ですが,この後に「起訴」や「判決」が待っていることからしても,それらの基準よりは緩やかなものでいいと考えられています。そうすると,被害者が亡くなっていたかどうかはよく調べてみないとわからないので,逮捕する段階では「相当な理由」があったと判断されるでしょう。

 また,裁判になる際には,殺人罪で起訴できるのかという疑問があるかもしれませんが,それまでの捜査によって被害者が生存したまま海中に投げ入れられたことが判明した場合,殺人罪で起訴することは可能です。この場合,逮捕及び勾留の効果は,死体遺棄罪という被疑事実に限定されますので,改めて殺人罪で勾留がなされる可能性が高いと言えます。他には,死体遺棄罪については処分保留で釈放した上で,再度殺人罪で逮捕するということも考えられるでしょう。今後の報道に注目したいところです。

 

 

 ふぅ。たまに真面目なことを書くと疲れますね。まだ一つしか書いてないじゃないかという突っ込みはへこみますのでご遠慮ください。

 次回は,同業者が大変な目に遭ったあの事件を取り上げます。ご期待ください。

投稿者: アダジオ法律事務所

2015.08.03更新

 こんにちは。

 横須賀のアダジオ法律事務所の弁護士の角井です。

 

 たまには真面目なことも書いて見ようかと思い(この時点で何か間違っている気もしますが),読者の皆様にお知らせがあります。

 

 

 今年度における横須賀市民法律講座の担当講師となりました!

 http://www.yokoben.or.jp/news/event/2015/post-212.html

 

 

 市民法律講座とは,横浜弁護士会が主催しているもので,市民の方に対して法律知識の普及を図るため,現在では県内7ケ所(横浜市,川崎市,横須賀市,小田原市,厚木市,相模原市,鎌倉市)で,毎年8月から12月の間に開催しています。

 横須賀市では,毎年10月に開催されており,全5回の講座が開設されます。私が担当するのは,第3回(10月16日(金)開催)であり,テーマは『労働をめぐる法的問題について~あなたの会社はだいじょうぶ?~』です。

 現在も残業代請求の案件などを抱えていますが,「労働法」という広範な分野について,2時間という枠の中でどのようにわかりやすく説明できるか,工夫してみたいと思っています。

 折しも「オワハラ」や「ブラックバイト」など,労働関係に関するニュースが話題となっていますし,私自身も若い目線から解説したいと思っていますので,若年労働者をめぐる問題については重点的に取り上げようと思います。

 

 私以外の講座については,その道の専門的知識を持つ先生方が担当していらっしゃいますので,私も聞きたいと思うような内容になること間違いなしです。

 金曜の夜という何とも言えない日程ではありますが,是非講座を受講して下さいますようお願い申し上げます。

 

 なお,受講の申込みは弁護士会宛ではなく,横須賀市コールセンターにするようになっているとのことなので,お間違えのないようにしてください。

投稿者: アダジオ法律事務所

2015.08.03更新

 こんにちは。

 横須賀のアダジオ法律事務所の弁護士の角井です。

 

 たまには真面目なことも書いて見ようかと思い(この時点で何か間違っている気もしますが),読者の皆様にお知らせがあります。

 

 

 今年度における横須賀市民法律講座の担当講師となりました!

 http://www.yokoben.or.jp/news/event/2015/post-212.html

 

 

 市民法律講座とは,横浜弁護士会が主催しているもので,市民の方に対して法律知識の普及を図るため,現在では県内7ケ所(横浜市,川崎市,横須賀市,小田原市,厚木市,相模原市,鎌倉市)で,毎年8月から12月の間に開催しています。

 横須賀市では,毎年10月に開催されており,全5回の講座が開設されます。私が担当するのは,第3回(10月16日(金)開催)であり,テーマは『労働をめぐる法的問題について~あなたの会社はだいじょうぶ?~』です。

 現在も残業代請求の案件などを抱えていますが,「労働法」という広範な分野について,2時間という枠の中でどのようにわかりやすく説明できるか,工夫してみたいと思っています。

 折しも「オワハラ」や「ブラックバイト」など,労働関係に関するニュースが話題となっていますし,私自身も若い目線から解説したいと思っていますので,若年労働者をめぐる問題については重点的に取り上げようと思います。

 

 私以外の講座については,その道の専門的知識を持つ先生方が担当していらっしゃいますので,私も聞きたいと思うような内容になること間違いなしです。

 金曜の夜という何とも言えない日程ではありますが,是非講座を受講して下さいますようお願い申し上げます。

 

 なお,受講の申込みは弁護士会宛ではなく,横須賀市コールセンターにするようになっているとのことなので,お間違えのないようにしてください。

投稿者: アダジオ法律事務所

アダジオ法律事務所 お問い合わせ
いつあき 弁護士ブログ 実際の解決事例
Q&A お客様の声