2018.10.24更新

 会話というものは,本来はキャッチボールであるはずなのですが,世の中には相手の反応を考えていないような会話をする人がいます。

 今日は,そんな世にも奇妙な物語です。

 

 

1.訴訟関係人は,次に掲げる尋問をしてはならない①-威嚇的または侮蔑的な尋問(刑訴規則199条の13Ⅱ①)

 

 この会話をする人は,基本的には私に対して敬意を抱いていない種類の方々です。それは,私が若かったり,まわりっくどい話をしたり,アクリル板に阻まれて心を開くことが出来なかったりするからなのですが,中には,弁護士という職業自体に憎悪を抱いている人もいます。経験的には,午後9時過ぎの飲食店でからまれる際によく見るタイプですね。

 

使用例

・「弁護士ってのはそんなに偉いのか。」

・「お高くとまってんじゃねぇぞ。」

・「朝日新聞読んでる奴なんてのはロクな奴がいない。」

・「これで示談できねぇってんなら他に何が出来んだよ。」

・「金がないから払えないっていうけど,あんたが本人の金をくすねてんだろ。」

 

 

2.訴訟関係人は,次に掲げる尋問をしてはならない②-すでにした尋問と重複する尋問(同199条の13Ⅱ②)

 

 これもなかなかに遭遇率が高いタイプです。しかし,みんながみんなわざとやっているわけではなく,本当に以前のやり取りを忘れてしまっていることもあるので,基本的には優しく接したほうが良いでしょう。私自身も最近物忘れが激しくなってきて,同じ話を何回もしてしまいます。まぁ,原因は酒の飲みすぎであるとわかっているので,まだ安心です。

 

使用例

・「弁護士費用っていくらかかるんでしたっけ。」

・「(1日おきに)現在の進捗状況を教えてほしいんですけど。」

・「不起訴になれば,事件自体がなかったことになるんですよね。」

・「(土日に電話を掛けてきて留守電に)先生いらっしゃらないんですか。」

・「弁護士のカドイさんお願いしたいんですが。」

 

 

3.訴訟関係人は,次に掲げる尋問をしてはならない③-意見を求め又は議論にわたる尋問(同199条の13Ⅱ③)

 

 最近悩まされているのはこのタイプです。傾向を探ってみたのですが,老若男女問わずこういう話し方をする人はいます。私自身がこういう質問を全くしないので,どういう気持ちで人に意見を求めているのかわからないのですが,何となく現実社会であがいているような印象は受けます。私は,特に社会に期待もしていませんし未来に期待もしていないので,人が何を考えているのか頓着がないのかもしれません。

 

使用例

・「そんなことおかしいと思いませんか。」

・「こんなひどい法律についてどう思いますか。」

・「彼女はどういうことを狙ってこんなことするのかねぇ。」

・「これはあてつけだわ。そうは思いません?」

・「人は神に創られたときから原罪を有しているのではないですか。」

 

 

4.訴訟関係人は,次に掲げる尋問をしてはならない④-証人が直接経験しなかった事実についての尋問(同199条の13Ⅱ④)

 

 この質問は,上の「意見を求める尋問」とも重複する部分があるのですが,誰かの立場になってものを考えるなんてことはフィクションです。だからこそ,「お気持ちはわかりますよ。」なんてことは極力言わないようにしていますし,実際他人の気持ちがわかるなんて言うことは一種のエゴなのではないかと思います。あと,弁護士だからと言ってすべての事件を扱ったことがあるわけではありませんので,過度の期待を抱くことも控えていただきたいなぁと思う次第であります。

 

使用例

・「先生の豊富なご経験からすると,どういう結果になりますでしょうか。」

・「実刑になる確率を教えてください。」

・「あなたが彼の立場だとしたらどう思いますか。」

・「無罪判決を勝ち取ったときはどんな気持ちでしたか。」

・「貸与金の返還そろそろ始まっちゃうよねぇ。」 

 

 

 

久々の投稿がこんな内容で申し訳。

投稿者: アダジオ法律事務所

2018.07.19更新

問題・次の事例を呼んで,設問に答えよ。

 

 

 横須賀市で仕事をしているT弁護士は,当初,港区新橋に本店を構えて,関東圏だけで数十店舗の支店を展開するというイノベイティブでインクレディブルな弁護士法人に勤務していたものであるが,世の中によく言われる(ごく一部の人間との)人間関係に悩み,「横須賀支店長」という看板を放り出し,「世捨て弁護士」として生きていくことを決めた。

 

 しかし,T弁護士は,それまでの間に十分な金額の開業資金を貯めることができなかったため,小中学校の友人が勤務する某家電量販店を訪れ,旧友であることを最大限に利用した結果,破格の値段で電話機やファックス付き複合機を購入することができた。このファックス付き複合機は,インクがすぐになくなってしまうことを除けば,印刷スピードや操作性において何ら問題がなかった。

 

 その後,開業から数年が経ち,上記ファックス付き複合機の部品の劣化が徐々に進行したことによって,近年,印刷時に白い筋が入るようになった。T弁護士は,だましだまし同ファックス付き複合機を使用し続けたものの,早晩,某ポルコロッソがミラノの工場に愛機の修理を出しに行く最中に某アメリカ人が操縦する飛空艇に撃墜される事態になることは火を見るよりも明らかだった。

 

 そこで,T弁護士は,最近話題の大容量インクタンクを備えた新型ファックス付き複合機を購入することとし,若かりし頃からよく通っている横浜駅西口にある某大型家電量販店を訪れた上,プリンター売り場にいる店員に対し,①事務所で使うのでカラーも含めて大量に印刷する必要があること,②ファックス機能が付いていることは必須であること,③ファックス番号を確実に打ち込むために,タッチパネルではなくダイヤルが付いていた方が好ましいことを告げた。すると,同店員は,上記①~③の機能をすべて充たしている機種(以下,「本件複合機」という。)を紹介してきたことから,T弁護士は,本件複合機の購入を決めた。また,本件複合機は,型落ちの機種だったため,他の複合機よりも価格が抑えられていた。

 

 その際,同店員は,T弁護士に対し,「結構かさばりますけど,持って帰りますか?」と尋ねた。T弁護士は,一刻も早くファックス付き複合機の更新を行いたかったし,また,修理がすっかり終わった自動車で来店していたこともあったことから,「車で来ているので,持てない重さでなければ持って帰ることにします。」と答えた。

 

 すると,同店員は,「少しお待ちください。」と言って別の場所から商品を持ち出してきたうえで,T弁護士に対し,「このくらいの重さなら持って帰れると思いますけど。」と告げた。T弁護士は,実際にその商品が入った段ボールを持って確認してみたところ,7kg程度であったため,購入後にそのまま持って帰ることにした。

 

 同店員は,商品に取っ手をつける作業を行った上で,T弁護士をレジに案内した。T弁護士は,クレジットカードで決済を行った上で,横浜駅西口地下駐車場まで商品を運び,修理が終わっている愛車のラゲッジルームに商品を乗せて事務所に戻った。

 

 T弁護士は,事務所に着くとすぐに商品が入っているダンボールを開封し,設置作業を進めることにした。商品保護のために取り付けられているテープ類を取り外し,インクタンクにインクを入れようとしたとき,T弁護士は,黒色インクの充填口しかないことに気付いた。そんなはずはないと他の部分を確認すると,ファックス時に使用するダイヤルはなく,そもそもモデムを差し込む場所もなく,ただのプリンター(以下,「本件プリンター」という。)であることが判明した。

 

 なお,その後,T弁護士は,同家電量販店と幾度もやり取りを行ったものの,結局一度も謝罪の言葉はなく,なぜこのような事態が発生したのかも不明なままであったが,本件複合機と本件プリンターの型番が似ていたこと,商品のダンボールには商品の写真がプリントされていたものの本件複合機と本件プリンターの外見が酷似していたことなどから,同プリンター売り場の店員が商品を持参する際に謝って本件プリンターのダンボールを持ってきてしまったものと結論付けた。また,本件複合機と本件プリンターの価格にほとんど差はなく,クレジットカード決済を行ったこともあり,T弁護士は,事務所でダンボールを開封するまでの間,本件複合機と本件プリンターが入れ替わっていることには全く気付かなかった。

 

 

設問1.上記事例におけるT弁護士と某家電量販店との間の法律関係及びその効力について,意思表示理論にも十分留意した上で,詳論せよ。なお,民法の一部を改正する法律(平成29年法律44号)にも言及すること。

 

設問2.その後,T弁護士は,本件複合機と本件プリンターを「交換」することで某家電量販店と合意したが,クレジットカードの決済記録を取り消すために,休日返上で横浜まで出向くことになった。T弁護士は,某家電量販店に対し,何らかの損害賠償請求をすることが可能か,論ぜよ。

 

設問3.T弁護士は,今回の事件について,愛車が壊れてしまったときよりもはるかにショックを受けているが,いまのT弁護士の感情について,300字以内で説明せよ。

投稿者: アダジオ法律事務所

2018.04.25更新

 またしても前回の投稿から長い時間が経ってしまいました。

 その間,大雪が降ったり,突然暑い日が続いたり,また急激に寒くなったり,今年の花粉量を楽しんでいたりしました。

 いまのところは,のどかな春でございます。

 

 

 さて,ゴールデンウイークが近づいていますが,「どこか旅行に行ったりしますか?」という問いに対しては,ここ数年「いや,近所をお散歩するくらいです。」と答えて,質問者を困惑させ続けています。

 実際近所をお散歩するわけですが,本当にただ歩き続けるだけで,どこかお店に入ったり,ご飯を食べたり,自撮りをしたりすることはありません。数時間歩き続けるだけです。

 ただこれは自分としてはかなり楽しいイベントなので,今年もやるかもしれません。あの遠回りしすぎて家まで帰ってこられないんじゃないかという焦燥感が「トロッコ」感をかきたてて尚一層興奮しますね。

 

 

 今日のメインイベントについては,ゴールデンウイークが近いので,何か楽し気な記事を書こうと思ったのですが,長らく触れてこなかった「アダジオ法律事務所」という名前の由来について語る日が来たようです。

 

 

 

 「アダジオ」とは,イタリア語の「adagio」のことです。「adagio」は,バレエ用語としても用いられることがあるようですが,私が意図していたのは,音楽用語としての「adagio」です。速度記号の中では,「アンダンテ」と「ラルゴ」の間の速さで「ゆるやかに演奏せよ」,テンポとしては遅い方に入ります。この「adagio」が日本語に訳されたときに,「アダジオ」と表記されるようになったと理解しています。

 私が前の事務所を独立して新た敷く事務所を開業しようと思った時に,特に考えていたことは「大量に事件を受任しない」ということでした。それは,いわば前事務所へのアンチテーゼなのですが,依頼者の方から電話がかかってきたときにすぐに誰だか把握できるくらいのサイズ感で事務所をやってみたかったということです。

 そのようなコンセプトで事務所の開業準備を始めたわけですが,弁護士会に事務所名を登録しなければならない関係から,何よりも優先して事務所名を決めなければならなくなりました。それで当初は,いろいろな名前を考えました。別にこれを言っても問題ないと思いますが,私はカタカナの事務所にしようと決めていたので,英語,フランス語,ドイツ語,ラテン語など様々な言語のいい感じの意味の言葉を探したのですが,検索してみるとどの言葉も,すでに法律事務所名や会社名に使われていたりして,なかなか事務所名を決められずにいました。

(ちなみに,「別にかぶっててもいいじゃん。」というご意見はあろうかと思いますが,私自身は人とカブることが大嫌いな性格なので,人のいないところ,やっていないところを探してさまよっていたわけです。)

 

 そんな中,あることで「アダジオ」という言葉にたどり着くわけですが,それには2つの出来事が関係しています。

 1つ目は,2012年に立原道造詩,西本龍太朗作曲による「混声合唱のための『アダジオ』」の初演に参加したことです。この曲は,長年神奈川県立横須賀高等学校で教鞭をとられ,2011年に急逝された湯川晃平(ゆかわ・あきひら)先生の追悼のために作曲された楽曲であり,私自身も約10年にわたって湯川先生から薫陶を受けた人間として,ステージに参加させていただきました。

 いま思えば,あの頃の私は人間生活を経験していないどこまでも青臭い存在で,その頃のことを思い出そうとすると少なからぬ痛みをわが身に想起させるのですが,この『アダジオ』を歌っていた時の記憶だけはなにかつきものが落ちたような,そんなカラッとした感情が残っていたのが印象的でした。

 2つ目は,宮崎駿監督作品「もののけ姫」劇中に登場する,久石譲作曲の「死と生のアダージョ」の存在です。私の人生の中で,人生そのものを変えたと言っていい作品群はいくつかありますが,その中でも1997年に公開された「もののけ姫」が私に与えた影響はあまりにも大きかったと思います。それまでの私の人生は,どこか曇った世界で見通しの悪い一本道を訳も分からず歩いていたようなものでしたが,「もののけ姫」を見てからは世界が晴れ上がって,初めて世界の形を認識したような実感を得たものです。

 その作品の中でも「死と生のアダージョ」は,私が特に気に入っている劇中曲であり,親にねだって買ってもらったサウンドトラックはCDが擦り切れるほど聞きました(まぁ,実際には擦り切れないんでしょうがこれは比喩です。)。その後,MP3形式のウォークマンが発売されてからは,歴代のウォークマンに収録し続け,いまでも私の手元のウォークマンには「死と生のアダージョ」が入っています。この曲も物語の終盤の暗澹たるシーンで流れていて,それ自体はあまりに悲しいシーンなのですが,映像の美しさと恐ろしさのせいなのか,ただただ曲に聞き入ってしまう凛とした曲です。

 

 こうして,私の中で一人一人の事件を丁寧に処理したい=ゆるやかに演奏するというコンセプトと「混声合唱のための『アダジオ』」及び「死と生のアダージョ」のイメージが一致した結果,「アダジオ法律事務所」という名前に決めたというわけです。(開業当時は,「アダジオ」という名の付く法律事務所も会社もなかったことも決めた理由としては大きかったと言えます。)

 なお,なぜ「アダージョ法律事務所」にしなかったのかといえば,字面だけ見ると「アヒージョ」と混同されるおそれがあるし,数年前に「アデージョ(艶女)」という少々品のない言葉が流行ったこともあって,日本人に発音しやすい「アダジオ」の方が良いのではないかと判断したからです。

 ただ,その結果として,ある宅配業者のおじさんは,うちの事務所に来るたびに「スタジオさん?」と聞いてきますし,ある広告でお世話になっている会社の担当の子からは「『ア』と『ス』って遠目だと似てるから(間違えられるん)じゃないですか?」というなかなかにパンチの利いた貴重なご意見を賜ったりと「アダジオ」の方もなかなか大変です。あと電話では絶対に聞き取ってもらえません。

 

 

 そんなわけで,エッジの利いた我が「アダジオ法律事務所」なのですが,今後どこかの事務所に吸収合併されない限りは,この名称を使い続けていこうと思っていますので,今後ともご愛顧のほどお願い申し上げます。

投稿者: アダジオ法律事務所

2018.01.26更新

 あけましておめでとうございます。

 

 本年もよろしくお願いいたします。

 

 えっ,もう1月も終わりそうなのに,何を言っているのかって?

 

 正月っていうのは,旧暦一月の別称ですから,1月いっぱいまでは正月です。

 

 開き直る前に内容のあるブログを書けって?はいはい,わかりました。

 

 

 昨年1年間を振り返って思うのは,結構いろいろ忙しかったなぁということでしょうか。いや,誰に聞いてるんだというツッコミは甘んじて受け入れますが,昨年のこととなると記憶がかなりあいまいになりますよね。それでは,あいまいな記憶に基づいて昨年1年間をまとめてみましょう。

 

 

1.成年後見事件の爆発的増加

 

 成年後見事件は,一昨年から担当していましたが,昨年は新件依頼がひっきりなしにあって,あれよあれよという間にかなりの数の案件を抱えることになりました。成年後見は,開始時が最も忙しい事件類型でして,キーパーソンから預金通帳を引き継いだり,各金融機関や年金事務所や地方自治体に後見届出をしに行ったり,不動産取引をやらされたり,申立人が原告になって訴えられたり,被後見人の入る施設を探したり,それはそれは目が回るほどの忙しさでありました。

 個人的に最も記憶に残っているのは,夏の良く晴れた灼熱地獄のある日曜日,葉山まで車を走らせて被後見人が借りていた家の鍵を返却に行った時のことでしょうか。大家さんの家にあがらせてもらったのですが,慣れない正座を5分しただけで足が完全にマヒしてしまい,大家さんがお見送りしてくれたのに車のアクセルをなかなか踏めないという楽しい事態に陥りました。

 あとは,市役所の各課を回る機会がたいへん増えたのですが,弁護士であることがわかると急激に態度が軟化する人と弁護士であることがわかっているのに態度がカッチカチのまま(むしろ不快感を前面に押し出してくる)人がいるということがわかり,とても勉強になりました。私個人の意見としては,べつにへりくだる必要は全くないと思いますが,こちらとしてはできる限り分かりやすく事案を説明しようと努力してますので,そういう意味で親近感とか好感とかを醸し出してくれるとお互い仕事がやりやすいのになぁと思います。

 

 

2.刑事事件のさらなる充実

 

 弁護士登録当初から刑事事件には比較的熱心に取り組んでいたと思いますが,昨年は,私選弁護があったり,本気の否認事件があったりと,私の刑事弁護人としての経験値が大幅に増えるような事件が多かったように思います。

 私選弁護のうち1件は,被害者の方との示談交渉で何度も冷や汗をかくという貴重な経験をしましたし,もう1件は,当番弁護士として出動して勾留却下決定をもぎ取った上で,不起訴処分まで手に入れるという我ながら出来すぎる結果を獲得することができました。

 否認事件は,取調べを担当した警察官や鑑識の警察官ら7名を証人尋問するというあまりにも壮大な内容となり,弁論要旨を書き始めたはいいものの12時間が経過しても書き終わらず,期日当日の朝7時半から事務所に詰めて2時間書きっぱなした結果,プリントアウトする時間ギリギリを残して何とか24枚書き終えたという熱の入りようでした。結果としては,満足のいくものではありませんでしたが,判決書自体も20枚という重厚な内容だったので,裁判官も真剣に向き合ってくれたことに感銘を受けました。

 ちなみに,内容が真面目過ぎたので少しティーブレイクすると,さすがの私でも刑事裁判の日に着ていく服には気を付けています。例えば,今日の服装は,青いチェックのスーツに緑と紫のチェック柄のネクタイに青と赤のツートンカラーのネクタイピンをして緑色のコートとレインボー色のマフラーを着用するという,字面だけ見ると最高にサイコな服装になっておりますが,刑事裁判の日は,黒かチャコールグレーのスーツに青か茶色のネクタイをして黒いネクタイピンをしています。なんだ,やればできるじゃない。

 

 

3.不貞慰謝料請求祭り

 

 世間は,週刊誌の記事に踊らされたり踊らされたことを恨みに思って逆切れしたりいろいろしておりますが,私のところにも不倫にまつわる相談が次から次へと舞い込んでまいりました。流行を肌で感じる機会など,地方都市横須賀に住んでいたらなかなか訪れないのですが,こと不倫に関しては都会も郊外も関係なかったようです。

 また,不貞慰謝料請求に関しては,訴える側も訴えられる側も双方相談に来るという盛況ぶりで,久しく浮いた話と縁のない私にとっては,「あー,一部の人間が恋愛を独り占めしてるから私にはお鉢が回ってこないのね。」と妙に納得する結果をもたらしました。案件としては,懐に攻め込まれている苦しいものもありますが,概ね当方の主張通りことが運びましたので,自分としても事務所の経営としても良かったのではないかと思います。世間の皆さんにはじゃんじゃんやっていただいて弁護士の事件数を増やしてもらいたいものですね。いや,冗談ですよ冗談。

 

 

 何か他にもいろいろとあったようなきがするのですが,今日はこんなところで。

 

投稿者: アダジオ法律事務所

2017.11.07更新

 私は,「弁護士」という仕事をしていますが,世間様からの印象がとにかく偏っています。

 どうにかしたいものだと思い続けて早3年以上が経過していますが,いまだに解決策を見いだせないままです。

 早速,弁護士に対する発言良くあるやーつを見ていくことにしましょう。

 

 

1.「お金持ってるでしょ」

 はい。こういう発言する人の近くには寄りません。

 

2.「モテるでしょ」

 はい。こういう本気で言っているんだかひがみで言ってるんだかわからない人とも仲良くしません。

 

3.「弁護士とか言ってても偉そうにしてるだけで大したことないよね」

 まず言いたいのは,私がいつ偉そうにしていたのかということです。

 いや,待てよ。自分自身のことじゃなくて「弁護士」さんのことか。確かに,「弁護士」さんの中には偉そうにしていた人もいるかもしれないなぁ。

 しかし,こういう発言をする人は自身の個人的感情が入り込みすぎています。

 この発言の前提には,「弁護士は偉そうにしている」という部分と「思っていたほど大したことない」という部分の2つの部分が存在します。

 「弁護士は偉そうにしている」という部分について,昨今では,偉そうにしている先生はほとんど見当たりません。いまだに偉そうにしている先生は本当に偉い先生なので問題ありませんし,本当に偉いのであれば「偉そうにしている」とは表現しません。そうすると,「偉そうにしている」という部分は,観察者による歪んだ主観が多分に含まれてしまっています。

 次に,「思っていたほど大したことない」という部分は,個人の潜在意識の中で弁護士に対する過分な期待を持っていたものの,現実は思っていたほどの成果は挙げられなかったという意味にとるべきでしょう。この意見には,従前弁護士に対する憧れのような感情を抱いていたところ,何らかの原因によってそれが裏切られてしまった事態を意味しているのではないでしょうか。少なくとも,私がこのセリフを面と向かって言われた際の感想は同様のものです。

 

4.「いつもは汚れ仕事なんてやらないのに大変だね」

 これは,上記3とは逆方向のベクトルです。弁護士に対するある種の尊敬を抱いていただいていることはうれしいのですが,実社会の中ではまだまだ若手と言われても仕方のない年齢であるにもかかわらず,弁護士というだけでまるで腫れ物に触るかのような扱いです。これは寂しい。

 また,東京の一等地でオフィスビルを見下ろしながら午後のティータイムを楽しんでいる先生にはわからないかもしれませんが(あくまでイメージですのでそんな弁護士はいないと思いますが),潮風で鉄柵がすぐに錆びてしまう土地で弁護士をやっている身からすれば,弁護士の仕事というのはそんなに優雅なものではありません。よくわかりませんが,私のカバンはとても重いです。毎日のように背負っていたら,スーツが擦り切れてしまいましたとさ。やっぱスーツは作業着だと思って買わないとダメですよね。靴もすぐ靴底がはがれちゃいます。いまの靴は,アロンアルファでとめて使い続けてます、

 

 まぁ,私が言われるセリフは大体上の4つのどれかだと思います。

 

【番外編】

 

5.「法律の条文って全部覚えてるんですよね!!!」

 回答は皆様の想像にお任せします。

投稿者: アダジオ法律事務所

2017.10.11更新

 気付けば前回の記事から半年くらいたっているんですかね。半年なんて時間はあっという間に過ぎますよね。

 

 ほら,この年になると半年なんてものの数に入らないじゃないですか。赤ちゃんパンダの半年はそりゃあビックリするくらい成長しますけど。

 

 そして,このブログ記事は,当初は暇になったら書いていたわけですが,おかげさまで暇な時間がどんどん少なくなってくるわけですね。誤解を招くといけないので説明しておきますが,別に儲かってるわけではないです。ただ忙しいだけです。「忙しいなら依頼するのやめちゃおうかな。。。」とかそういうのやめてください。

 

 ただし,忙しいからとか理由をつけているといつまでもブログを書かないわけですよ。そうすると,半年なんてかわいい時間の流れ方じゃなくてすぐに1年,2年は経ちますよ。それは,なんとも寂しいじゃないですか。

 

 というわけで(どういうわけで?),モアーズ横須賀店20周年記念,10年前と20年前の世界を振り返ってみましょう。

 

 

 

 まずは,今から10年前の世界。時は,平成19(2007)年です。

 当時の総理大臣は,途中までが安倍さん,途中からが福田さんです。いい感じで自民党政権が傾き始めた頃ですね。いけないいけない。政治的発言は危ない。

 

 われらが最高裁長官は島田仁郎さん。在外国民違憲訴訟や婚外子違憲訴訟などでは,多数意見を構成し,優れたバランス感覚をお持ちの方だと思っていました。

 

 流行語大賞は,「どげんかせんといかん」と「ハニカミ王子」。「どげんかせんといかん」の方は,途中から「せんとくん」のイメージとごっちゃになって,「どげんかせんとくん」という意味不明な言葉として覚えてしまっています。私としては,もはや「どげんかせんとくん」でいいです。ハニカミ王子についてはノーコメントで。

 

 私は当時大学3年生だったわけですが,私のようにつまずくことなく大学生になった同級生は,就活の真っただ中にあったわけです。当時は,リーマンショック直前期のいわゆるミニバブル時代であり,売り手市場もいいところ,1990年代の就職氷河期はどこへやらという空気感でした。

 ちなみに,私は4年時の労働法の授業の時(再々履修)にあまりにも内容がわからず,「私の周囲の就活生たちも労働基準法などには苦しめられている」という「4年生だから単位ください」アピールをしたところ,かろうじてCをもらったという過去があります。そんな人間でもその後に努力すれば弁護士になれるんですから,みなさんも夢をあきらめないで頑張ってほしいですね。どの口が言うんですかね。

 

 メンズファッション界には,ジャケットを多用したきれい目モードの時代が到来し,別珍ジャケットが大ブームとなりました。私の同期に紫色の別珍ジャケットを着ていた男がいましたが,次第に色が褪せていったのには哀愁を感じました。

 私自身は,渋谷や原宿に出没するようになり,なけなしの金をはたいてチェックのジャケットを買う日々が到来します。いやぁ,背伸びしてますねぇ。過去の自分を思い返しても恥ずかしさを感じないのは,感情が死んでいるからでしょうか。

 

 それまで毎年参加していた横高音楽部の定演には,はじめて不参加となった年でもありました。理由ははっきり覚えていませんが,サークルとかサークルとかいろいろあったんでしょう。今となってみれば,その時の自分自身の判断は間違っていなかったように思います。

 サークルは,法政大学国際法研究会という学術団体に所属していましたが,幹部学年としてアカデミックフォーラムという研究発表大会を行わなければならなくなり,「国際環境法」という壮大なテーマで様々な準備をしました。なんだかんだ言って青春だったんでしょうね。何を食べても太らなかったのは,ちょうどこの頃までではないでしょうか。

 

 モアーズ横須賀店10周年記念の記憶は,少しだけあります。その頃,バイトもしていなかった私は,慢性的な貧困に悩まされていました。じゃあバイトしろよというツッコミは,すでに100万回聞いていますのでもういいです。たぶんですが,11月に行われるアカデミックフォーラムに備えて細身のスーツを買ったのではないかと思います。いやwwww細身ってwwww。その細身のスーツは,平成25年頃までは体が入った記憶がありますが,その後は体の相性が悪くなったので行方不明です。

 

 

 

 さて,20年前の世界は,平成9(1997)年です。

 当時の総理大臣は,橋本龍太郎さん。橋龍かっこよかったなぁ。特に,日米貿易摩擦の時に通産相としてアメリカと折衝していた時はかっこよかった。爆笑問題の日本言論でも取り上げられていて,後に中学生の時に読んだ記憶があります。

 最高裁長官は,途中まで三好達さんで,途中から山口繁さん。三好さんは,愛媛玉串料訴訟の時の反対意見が印象的でした。内容はともかくとして,自らの心情を吐露したのは,裁判官としてそんなに非難されることではないように思います。山口さんは,著名な違憲判決がなかった時期ということもあり,ほとんど印象がないです。

 

 流行語大賞は,「失楽園」。当時小学6年生だった私が映画館に見に行くはずもないのですが,その後ドラマ化された際には,古谷一行と川島なお美が平日の夜10時にしては濃密すぎる濡れ場を演じていて,少年のこころには過激に過ぎたように記憶しています。

 また,この年の漢字は,「倒」。戦後最大の倒産と言われた山一証券の倒産劇を少年だった私も鮮明に記憶しています。社長の言う通りですよね。社員は悪くないんですよ。ただ,もっと言いたいのは,社長も就任したばかりなので,社長も悪くないんですよ。あの場にいた人はみんな悪くないんですよね。悪いのは,表に出てこない人たちです。

 

 特に私の経歴を隠す必要もないですが,当時の私は横須賀市立浦賀小学校の6年生です。小学校の6年間って長いですよね。いいかげんにあの長ったらしいテンポでいつまでも終わらない校歌を歌うのにも辟易としてきた年頃です。

 私の幼い頃というのは,どちらかというと暗黒時代で,その暗黒時代は小学1年生に始まり,小5・小6の小休止をはさんで中学3年生まで続きます。稀代のリベラリストであることを自負する私としては,学校の集団生活についていけなかったというか,周囲のクラスメイトとそりが合わなかったというか,教師の言っていることが意味不明で理解できなかったというか,とにかく意味のない規則に従う必要性を最後まで理解できなかったというか,そんな感じの幼少期でしたので,小学校や中学校というところは監獄だと思ってましたね。はい。

 そんな中でも,小5・小6のクラスは,比較的リベラルな空気の漂うクラスだったので,のびのびと学校生活を送ることができました。そういう意味では,1997年は私にとって幸福な時代だったと思います。

 

 小学6年生の私に最も影響を与えたのは,映画「もののけ姫」の公開です。これはすごかった。はじめて友達同士で映画を見に行ったのは,この映画です。当時のショッパーズプラザ横須賀内の映画館は,幕間の入れ替えが不十分なんですね。なので,入場券を買って1回場内に入ってしまえば,あとは見放題ということも可能だったわけです。

 はじめてもののけ姫を見た印象は,「なんだかよくわからないけれど,とてつもなくすごい映画だ。」というものでした。よくわからないのでもう1回見ると,やっぱりよくわからないのでもう1回見ます。よくわからないならもう見に行かなきゃいいんですけど,見に行きたくなる何かがあるんですね。気付くと劇場で12回見ました。それくらい虜になった映画でした。そして,その印象は,20年経った今でも変わりません。

 

 そう考えると,私にとっての人生の晴れ上がりというのは,この1997年だったような気がします。それまでの人生の記憶はとても曖昧ですが,もののけ姫を見に行った後の記憶は比較的鮮明です。私はその時,はじめて自らのリベラリズムに気付き,その方向に進むような人生の方向へ舵を切ったのだと思います。

 

 モアーズ開店時の記憶は,ひどく曖昧です。モアーズができる前に,あの場所に何があったのかも全く覚えていません。ただ,当時から中央のヤマハ小林楽器店に通っていた私にとっては,浦賀に住んでいた同級生よりも中央を身近に感じていたことから,モアーズの開店時からよくお店に行っていたように思います。

 モアーズのポイントカードは,満12歳からしか作ることができないのですが,モアーズ横須賀店が開店した1997年10月1日は,誕生日前でしたのでまだ11歳でした。この時の悔しさは忘れられません。

 

 

 

 さっきから何の脈絡もなくモアーズ横須賀店の話をしていますが,今年はモアーズ横須賀店開店20周年です。10月1日の開店日には,超絶怒涛の値引きやポイント増額など,大盤振る舞いもいいところ,しまいには先着順でお菓子がもらえたりとお祭りと呼ぶにふさわしい一日です。

 モアーズが開店した1997年からしばらくの間は,週に2回ヤマハに行っていましたから,たまに本屋を覗いたりしていました。しかし,お金のない私はそのうちモアーズに行かなくなり,ポイントカードが失効してしまう羽目になります。いやぁ痛恨のミス。

 

 2001年。私は神奈川県立横須賀高校に入学し,横須賀中央経由で高校に通学するようになります。そうなると,学校帰りにどうしてもモアーズに寄りたくなるものです。心は青春まっただ中。お小遣いも中学生の頃よりは増えている。雑誌を買ったりCDを買ったりいろいろしたい。ミスドでいつまでもカフェオレをお替りしていたい。ゲーセンに行って連ザやエゥーゴvsティターンズをやりたい。その全てが揃っているのがモアーズでした。

 

 高校を卒業すると,東京市ヶ谷にある大学に通うようになりますが,やはり横須賀の人間には都会の空気が華やか過ぎて,どこかで息抜きをしたくなるものです。じゃあどこで息抜きするか。正解はモアーズです。ただし,当時のモアーズは夜8時に閉店していたので,5限の授業を終えて帰ってくると間に合わないのです。じゃあどうするか。5限の授業に出なければいい。出ないとどうなるか。4年生で40単位を取る羽目になりました。

 

 その後,私は東京目白にある大学の大学院に通うようになりますが,常に規則正しい生活を心がけていましたので,平日は決してモアーズに寄らず,月末のいつも買っている雑誌を買う時だけ,モアーズに寄るようになります。この頃になると,5階にあった電気屋が撤退して古着屋とスーツ屋になったり,6階のCDショップが7階に移動して跡地が靴屋になったり,店舗レイアウトが様変わりし始めます。この頃は,いまはなき平坂書房の漫画コーナーに行って,「さよなら絶望先生」の単行本を買うのが楽しみでしたね。作者の久米田先生は,横須賀出身です。

 

 大学院を卒業した年に司法試験に合格し,そのまま西の果て長崎県に赴任することになります。モアーズライフとのしばしの別れです。長崎では,夢彩都・アミュプラザ・ココウォークをはしごして,モアーズライフと同じような生活を送っていました。当時は,はじめての一人暮らし・はじめての仕事・はじめての大人の付き合いなど様々なストレスに見舞われ,それをショッピングで解消するという堕落した生活を送っていました。あのことにもっと貯金ができていたらなぁ。いや,あのときの散財のおかげで,死なない程度のお金の使い方を学びました。

 

 修習終了後は期せずして地元横須賀に戻ってくることになり,その後独立開業して今に至ります。いま,事務所の脇を小泉進次郎候補の選挙カーが走り抜けていきました。戻ってきてしまったことに少し恥ずかしさは感じていますが,地元っていいものですよね。そうでなければ,モアーズ横須賀店開業20周年にも立ち会うことができなかったかもしれませんしね。

 

 

 

 

 さてさて,それでは今から10月1日に買ったスーツの受け取りに行ってきましょうか。次に皆様にこのブログで会えるのは来週か再来週かはたまた来年か。

投稿者: アダジオ法律事務所

2017.04.30更新

 期せずして9連勤を達成している今日この頃,連休で道が混んでいることがこんなに腹立たしく思ったことはありません。

 裁判所の決定が出るまでの間,しばしお付き合いください。

 

 

 最近こんなお電話をいただきました。

 「先生のHPを拝見したところ,交通事故に注力されているとのことでしたので(以下略)。」

 

 

 えーっとですね。こんなことを申し上げるのは気が引けるのですが,正直に申し上げます。

 別に交通事故に注力はしておりません。

 

 もっと言えば,離婚に注力しているわけでもありませんし,相続に注力しているわけでもありません。

 非常に雑多な事件を扱っておりますので,何か特別な分野に特化しているわけではありません。

 

 これは,ホームページの作成上仕方がないところがあるのでしょうが,私自身はセールストークをすることが好きではありません。

 ましてや,「○○の事件は重点的に取り扱っております。」とか,「○○の事件をお任せいただければ必ずお力になれます。」というセリフはたぶん言ってこなかったと思いますし,今後も言うつもりはありません。

 私の使命は,甘い見立てで危うい橋を渡りそうになるよりは,石橋を叩くようにアドバイスすることだと思っています。

 

 私の事務所は,市街地の中心部にあるわけではありませんし,郊外にあるくせに近くに駐車場がない点は皆様にご負担をおかけして申し訳ないと思っておりますし,事務所自体がまんま民家でさらに靴を脱がないと上がれない作りになっていて心苦しく思っておりますし,競争力という意味でははなはだ脆弱であると自覚しています。

 さらには,いつまで経っても大人の風格が出てくる様子がありませんし(体が大きくなっているのは自覚しています。),日本の最難関大学を出ているわけでもありませんし,笑ってないのに笑っている風に見えて闘争心がないように思われるのも知っています。

 

 では,私がアピれるところは何か。

 それは,「弁護士相手だからって全然緊張しなくていいんだよ。」ということです。

 私の人生は運と愛嬌だけで乗り切ってきたところがありまして,少なくともピリピリした空気を出すことはめったにないと思っています。

 弁護士の先生は優秀すぎるせいで,どうしても抜身の日本刀みたいになってしまうことがありますが(私自身もビビってしまうことが多々あります。),私はちゃんと鞘に納めてますのでご安心ください。

 

 

 そんなこんなで,先程連絡がありました。

 勾留請求却下です。

 検察官は準抗告しないそうです。

 いえーい。

 当事務所は,刑事事件に注力しております。

 

投稿者: アダジオ法律事務所

2017.03.29更新

問題.次の事例を読んで,設問に答えよ。

 


 横須賀市で細々と仕事を続けているT弁護士は,先日,なけなしの貯金をはたいて,新車の自動車を購入した。自動車は,海外のメーカーが製作したものだったので,海外の工場で製作された自動車が船便で日本に届き,一定期間倉庫に保管された後,客からの注文が入ると車両登録などの作業を行った上で,客に納車されることになっていた。

 

 T弁護士が新車を注文してから2週間ほど経ったある週の月曜日,自動車販売店の店員から連絡が入った。内容は,「T弁護士さんの新車が販売店に届きましたので,いつでも取りに来ていただいて構いません。」というものだった。そこで,T弁護士は,同じ週の金曜日に自動車販売店を訪れ,新車を受け取ることにして,その内容を店員に伝えたところ,店員もこれを了解した。

 


 納車当日は,関東地方に強風が吹き荒れた日だった。T弁護士が自動車販売店に到着したところ,店の駐車場に真新しい車が駐車されているのを見つけた。店員は,「これがお客様のお車ですよ。」とT弁護士に伝えた。

 


 T弁護士が,店内で自動車保険の手続きなどを行っていると,他の店員がT弁護士に対し,おそるおそる次の事実を伝えた。「隣に止めてあった車のドアがお客様の車に接触してしまったようでして・・・現場をご確認いただけますか。」

 

 T弁護士は,大した話ではないだろうと思い,お店の外に出ると,納車寸前の新車に隣の車のドアが刺さっている状態であった。聞けば,春一番の風にあおられて勢いがついていたらしいということが分かった。T弁護士は,正直テンションガン萎えであったが,自走するのに問題はないし,事務所での打合せの時間が迫っていたことから,すでに新車と呼んでいいのかよくわからない新車を受け取って,帰路についた。

 

 2週間ほどしてから同車を修理に出したところ,相手方保険会社が気をまわしすぎたせいで,代車としてメルセデスベンツが用意された。扱いづらくてしょうがないので友人に話すと,「買った車ってベンツだったっけ。」と聞かれた。そこで,T弁護士は,事の一部始終を説明することにした。

 

 すると,友人は,「何でそのまま乗って帰ってきたんだ。新車を買いに行ったんだから,傷物の車を受け取るいわれはない。きちんとディーラーの担当者に対し,『私が欲しいのは新車なので,再度新車を手配してください。』と要求すべきだ。」と言ってきた。

 

 

設問1.T弁護士は,ディーラーに対し,再度新車を手配するように請求することができるか。

 

設問2.今回の事故を防ぐためには,どのような方法を取っておくべきであったと考えるか。

 

設問3.新車に隣の車のドアが刺さっている状態を目撃したときのT弁護士の心情について,300字以内で説明せよ。

 

 

投稿者: アダジオ法律事務所

2017.03.17更新

 気を付けてはいたんですね。ええ。

 私のような仕事の場合は,収入が入ってくる報酬口座と生活費を出す生活口座が別ですから,黙っていると残高が減る一方なんですね。ええ。

 毎月いいところで報酬口座から生活口座にお金を移すわけなんですよ。はい。

 でも報酬口座の残高が心もとないときは,ちょっと移すのをためらっちゃうじゃないですか。ほら。

 しかも生活口座なんていつ作ったのかわからないくらい前の口座ですから,通帳がどこにあるのかわからないんですね。はぁ。

 そうすると,生活口座の預金残高なんて全く分からないわけですね。そうすると,どういうことが起きるんでしょうか。

 

 

 【正解】

 クレジットカードの引き落とし額が預金残高を超えており,信用不安を引き起こす。

 

 

 いやぁ,こんなに簡単にクレカが使えなくなるとは思いませんでしたよ。

 引き落とせないならお電話の一本でもかけていただければよかったんですがね。

 1週間くらいして自宅にハガキが届いたときには,もはや手遅れですよね。

 慌てて生活口座に入金しましたけど,カードはしばらく止められたままでしたね。

 特に困ったのが,月額料金をクレカ払いにしていた種々の支払ですね。

 あんなに長い間利用したのに,1回引き落とせなかっただけで強制的に退会扱いになるんですね。

 再びカードが使えるようになるまでの数日間は,まさに生殺し状態でしたよ。

 

 

 今後は,もっと頻繁に残高を確認しないといけませんね。

 ホントは現金払いの方が好きなんですが,ネット社会ではそうもいきませんものね。

 クレカが止められている最中に電子内容証明を出そうと思ったんですが,支払いができずにかなり焦りましたね。

 気まぐれで作っていた年会費無料のカードがなかったら非常に危ないところでした。

 

 

 まぁ,このような仕事柄いろいろと偉そうに説明していますが,自分が経験しないとわからないことは多々ありますね。

 今回は,非常にいい勉強になりましたね。大惨事にならなかったので笑い話で済みました。

 みなさまもわたくしと同じ轍を踏まないようにご注意ください。

 以上,不渡り系弁護士からのレポートでした。スタジオにお返しします。

 

 

投稿者: アダジオ法律事務所

2017.02.01更新

 こんにちは。弁護士の角井です。

 思えばこれが今年初投稿でしたね。

 今年もゆるく参りましょう。よろしくお願いいたします。

 

 

 年末は,12月22日で仕事を納め,年始は1月10日から悠々と仕事を始めようと思い立ち,サイトのトップページに冬季休業のお知らせを書いたのが昨年12月初旬頃のことでした。

 同業の先生方からは「wwww休みすぎwwww仕事しろwwww」と散々な言われようだったわけですが,ふたを開ければ,やれ刑事事件の対応やら,やれ急遽受任した家事事件の対応やらで全然休んでおりません。

 それなのに世間からは,「あんなに長い間休みやがって。マジ許さねぇから。」と目の敵にされる毎日。私がMなら嬉しいのですが,ドSなので全く嬉しくありません。名玩具「こわしたい放題」(対象年齢2歳以下)で憂さを晴らしたい。

 

 

 それでも人並みには休みをもらえましたし,年末も年始も毎日酒漬けで前後不覚に陥っておりましたし,11月の終わりに届いたFF15のプレイ時間は100時間を超えましたので,幸せな生活をしているのだとは思います。いやぁ,FFのメインストーリーすっかすか。スクエニには謝ってほしいね。

 紅白歌合戦の演出が炎上したり,初詣ベビーカー騒動が過熱したり,アモーレがアモーレとアモーレしたり,ニュースにも事欠かなかった年末年始ですが,特に世間に興味がない私は,まさしく他人事のように感じておりました。

 本来であれば,専門家の立場からいろいろコメントすべきだったんですかね。今上陛下の退位問題とか。それについては,いつぞやの朝日新聞に藤田宙靖先生の素晴らしい論考が掲載されていましたので,そちらをご参照ください。あれよりいいものは書けません。

 

 

 毎回このブログの存在意義について考えるわけですが,専門的な発言には責任が伴います。責任を負うためには,十分な下調べの上に発言を行う必要があります。十分な下調べには,十分な時間と十分な情報が必要になります。そうすると,おのずから発言が不可能なことに気付くわけです。

 いつの頃からか,「安くていい物」を追い求める時代が来ました。これは「安くて早くて美味しい」とも言い換えられます。要するに,対価以上の価値を求められる時代になり,それは我々弁護士にも求められていると感じます。

 しかし,極めてシンプルに考えれば,いい物は値段が張り,複雑な事柄には時間がかかり,難しいものはやはり難しいものです。おにぎらずには,おにぎりを頬ばった時の米のほぐれ具合が再現できないのです。機械でプレスされたシャリの上にネタを載せるだけの食べ物は,寿司とは呼べません。

 そういうわけですので,もし私の事件処理が早ければ,それは元々早い時間で終わる事件だったのでしょうし,なかなか解決できないのであれば,それは複雑であるなどの理由によって,どうしても時間のかかってしまう事件なのです。

 

 

 私が法律事務所に「アダジオ」という名前を付けたのは,そもそもそのような考え方に賛同していただける方を相手に仕事をしようと決意したためです。

 時を重ねるごとにその想いはますます強くなっています。

 当事務所もいよいよ3年目,ますますご声援の程,お願い申し上げます。

 

 

 

投稿者: アダジオ法律事務所

前へ
アダジオ法律事務所 お問い合わせ
いつあき 弁護士ブログ 実際の解決事例
Q&A お客様の声